読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずかいてみよう

読書とか映画とか音楽のことを書きます。書かない日もあります。でも書こうと思ってます。

先の見通しがつかぬ焦りと快感 横山秀夫『64(ロクヨン) 上』

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

 

たぶん『クライマーズ・ハイ』以来の横山秀夫読み。今年映画化もされた話題作であるが、評判に違わぬさすがの面白さだ。
D県警で広報官を務める三上の視点で物語は展開する。刑事部と警務部の対立構造、警察内部における広報の立ち位置、マスメディアとの関係性、といった組織が抱える問題・軋轢の部分が、三上という人間の抱える私的な問題と合わさって、読者の興味を惹きつけて離さない。
さらに「ロクヨン」と称されるD県警史上最悪の未解決事件が浮かび上がることで、もとより堅牢な物語の構造がさらに奥行きを増していく。怒涛の勢いで下巻へ。