読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずかいてみよう

読書とか映画とか音楽のことを書きます。書かない日もあります。でも書こうと思ってます。

料理漫画以上にストーリー漫画として読ませてくれた ラズウェル細木『ぶぅ』

読書 読書-マンガ
ぶぅ (モーニングKC)

ぶぅ (モーニングKC)

 

一冊丸ごと「豚」だけがテーマ。テーマを「鰻」だけに絞った『う』が4巻まで続いたのに対し、こちらは1冊で収まっているのは、素材が身近すぎるせいか。

とはいえグルメ漫画としては向こうに劣らず、こっちもひたすら美味そうだし、それ以上にストーリー漫画としての完成度が非常に高い。一冊完結ならではのシンプルで無駄のないストーリーテリングは、マンネリズムが身上のラズウェルの他の飲み食いマンガと比べて異色だが、ベテラン作家ならでは技量といったところか。

しかし主人公の男と奥さんと娘さんの関係性は、作者 本人の家庭環境と重ね合わせると、意味深だ。きっと理想の家庭像なんだろうなあ。