読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずかいてみよう

読書とか映画とか音楽のことを書きます。書かない日もあります。でも書こうと思ってます。

時代背景の重いベルリンを舞台にしたエンタメ小説 フォルカー・クッチャー『ゴールドスティン 上』

ゴールドスティン 上 (創元推理文庫)

ゴールドスティン 上 (創元推理文庫)

 

ベルリン警視庁殺人課のゲレオン・ラート警部を主人公にしたシリーズものの第3作ということだが、読むのは初めて。1931年のベルリンにニューヨークか ら殺し屋ゴールドスティンが訪れる。ラートは副警視総監から直々にその監視を命じられるが、同時にベルリンを二分するギャング団が抗争を始めつつあり…… という筋書き。

視点人物が目まぐるしく変わり、展開もスピーディで飽きが来ない。上巻読了時では行きつく先が見えず、娯楽性が高い。一方でラート 警部に魅力が感じられないのは、前作や前々作を読んでいないためだけとも思えない。 というかラート君いろいろと気づくの遅くないですかってツッコミいれたくなること多し。タイトルにもなってるゴールドスティンの方が謎めいていて魅力的なのだが、下巻ではどうなりますかね。

時代背景的にはナチスの存在感が高まりつつある時期であるが、ラートはじめこの世界を生きる人々にはまだそこまで深刻 な問題と認識されていない辺りがリアルですな。いろいろな意味で先が気になる内容でした。下巻が楽しみ。