読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずかいてみよう

読書とか映画とか音楽のことを書きます。書かない日もあります。でも書こうと思ってます。

烈しく拒絶する作者はこれをどうする? フラナリー・オコナー『烈しく攻むる者はこれを奪う』

烈しく攻むる者はこれを奪う

烈しく攻むる者はこれを奪う

 

やや、これは感想が書きにくい。冷徹で残酷で、時にユーモラスでグロテスク、というオコナーの特徴はよく出ている。その特徴は、短編ならば「独特の世界 観」ということで割り切って読める。

でも長編だと、これが読者と作者の関係を遮断してしまうようだ。もともと共感を呼ぶタイプの作風でないことは、短編集で理解していたつもりだが、ここまで強烈に「拒絶」の意図を感じてしまうと、いったいこの作品は何を目的として書かれたのか、理解できなくなってしまう。

ただ一つ言えるのは、オコナーは「狂信」を批判的に見つめながらも、あるがままに受け入れようとしている、ということだ。それが敬虔なカトリック作家としての諦念なのか、生涯を南部で過ごした米国人としての境地なのか、その判断はつかないが……。

 

参考リンク:

『フラナリー・オコナー全短編 上巻』感想

『フラナリー・オコナー全短編 下巻』感想