読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずかいてみよう

読書とか映画とか音楽のことを書きます。書かない日もあります。でも書こうと思ってます。

虚実皮膜の間を心得た作者の力量に脱帽 山田芳裕『へうげもの 18』

読書 読書-マンガ
へうげもの(18) (モーニングKC)

へうげもの(18) (モーニングKC)

 

独特な人物解釈・人物描写で戦国末期から安土桃山の世を描いてきたこの作品も、いよいよ終着が近付いてきた、はずなのだが、終着点がついぞ見えない。豊徳合体がならぬことも古織が辿る運命も、読者は知っているはずなのに、それでも「もしや……」というドキドキ感を失わせない。虚実皮膜の間を見事につく作者 の技量も、いよいよ熟成の域に入ってきた、というところだろうか。

しかし作中で家康も指摘していたが、この漫画の秀忠は三成と完全に一致。でも三成が最期 に辿りついた境地に、秀忠は辿りつけないのであろうなと思われる。

それにしても、つくづく織部は「一流の半」というべき人物だなと、今回の島津接待の件で痛感。そこがゲヒ殿の魅力でもあるが、利休だったらどうやって接待していたのか、という興味も尽きない。