読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずかいてみよう

読書とか映画とか音楽のことを書きます。書かない日もあります。でも書こうと思ってます。

ストレートすぎて逆に意外 アンドレアス・グルーバー『黒のクイーン』

黒のクイーン (創元推理文庫)

黒のクイーン (創元推理文庫)

 

オーストリア人でフリーの保険調査員ホガートは、大手国際保健会社の依頼でプラハへ飛ぶ。古都を舞台に次から次へと謎めいた事件が連続する、ノンストップ スリラー。

……みたいな平凡な紹介しか出来かねる本。つまらなくはないし、翻訳もののとっつき悪さも薄く、映画や音楽、チェスなどの小道具も趣味よく使われて いて、雰囲気は上々なのですが……。

現代ミステリとしては、ストレートに過ぎるプロット。解決まで遠回りしたのは、いろいろ理由づけしてるけど結局、その方 が物語として都合がよいからでしょう。ひねりがなさ過ぎて逆に新鮮、といった感はあります。

ホガートもの三部作の第一作とのことで、続編を読みたい気にはなりました。否定的に書きはしましたが、描写の上手さには心ひかれます。