読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずかいてみよう

読書とか映画とか音楽のことを書きます。書かない日もあります。でも書こうと思ってます。

イギリス人らしい、シニカルでユーモラスな「料理あるある」 ジュリアン・バーンズ『文士厨房に入る』

文士厨房に入る

文士厨房に入る

 

現代英文学の大家、ジュリアン・バーンズが綴る、料理エッセイ。グルメ談義ではなく、バーンズがどれだけ苦労して料理に臨んでいるかが語られていて、料理経験のある人なら男女問わず楽しめるはず。

例えば、よしながふみの『きのう何食べた?』だと、シロさんが苦心して今晩の献立をひねり出し、手際よく料理を 作る、その流れに面白さがあるわけだけど、本書の楽しさはまた別で、もっと根本的な部分で「料理って面倒くさいよな」という悩みを、作者自身の失敗談をもとにユーモラスに語ってくれる。

そして、それでも料理って楽しいよな、と思わせる本だった。