読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずかいてみよう

読書とか映画とか音楽のことを書きます。書かない日もあります。でも書こうと思ってます。

ブランドとしての「城下町」 岩中祥史『城下町の人間学』

「城下町」の人間学

「城下町」の人間学

 

地域ネタとして面白そうな本だなと思って手に取ったけど、なかなかに読ませてくれる内容。俎上に載せられた城下町出身の人なら、痛いところを突かれたと感じつつニヤリとできるはず。

「お城」というものがローカルな住民アイデンティティに影響を及ぼしているのは、自分を振り返れば分かることだし、「お城」目 当てで観光に来られるお客さんと接する機会も多いので、城下町というのが特殊な社会形態だということは分かる。首都一極集中のミニマムな姿が城下町、とい う指摘には納得しつつ、日本人論、みたいな話まで行くと胡散臭いんだけど。