読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずかいてみよう

読書とか映画とか音楽のことを書きます。書かない日もあります。でも書こうと思ってます。

いささか牽強付会ではあるが…… 熊倉千之『日本語の深層』

日本語の深層: 〈話者のイマ・ココ〉を生きることば (筑摩選書)

日本語の深層: 〈話者のイマ・ココ〉を生きることば (筑摩選書)

 

著者は米国の大学で日本文学のPh.Dを取得し、現地で日本語・日本文学の講師をした後、帰国してフリーの研究者となった方だそうだ。そういう経歴に由来してか、日本語と英語の比較による音素単位での日本語分析はなかなかユニークでかつ分かりやすく、面白い。でも他の言語と比較したらどうなの?という疑問 が残る。また後半の文学論は、ちょっと独断が過ぎるという印象。いろいろな意味で惜しい本。でも面白くは読めました。