読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずかいてみよう

読書とか映画とか音楽のことを書きます。書かない日もあります。でも書こうと思ってます。

あの戦争は不可避だったのか 川田稔『昭和陸軍全史1 満州事変』

昭和陸軍全史 1 満州事変 (講談社現代新書) 作者: 川田稔 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/07/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (13件) を見る 日本が泥沼の戦争の道に突き進んでいく大きなきっかけとなった満州事変の展開を辿りつつ、「昭和陸…

人類の愚かさと、音楽の偉大さと 中川右介『戦争交響楽 音楽家たちの第二次世界大戦』

戦争交響楽 音楽家たちの第二次世界大戦 (朝日新書) 作者: 中川右介 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2016/04/13 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 政治と軍事が一体化した恐るべき権力が、文化や芸術に対し統制を図り始めた時、ど…

戦争を語り継ぐ「きっかけ」として 友清哲 『一度は行きたい戦争遺跡』

一度は行きたい「戦争遺跡」 (PHP文庫) 作者: 友清哲 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2015/09/02 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 戦後70年を経て全国各地に点在する「日本が戦争していた時代」の遺構、すなわち「戦争遺跡」を、フリ…

10年の断絶 西鋭夫『國破れてマッカーサー』

國破れてマッカーサー (中公文庫) 作者: 西鋭夫 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2005/07/26 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 11回 この商品を含むブログ (4件) を見る 再読。初読は文庫版刊行時、2005年7月ということで世間は小泉劇場の喧騒に向…

雑学の愉しさが味わえる 堀啓子『日本ミステリー小説史 - 黒岩涙香から松本清張へ』

日本ミステリー小説史 - 黒岩涙香から松本清張へ (中公新書) 作者: 堀啓子 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2014/09/24 メディア: 新書 この商品を含むブログ (8件) を見る 西洋における「探偵小説」というジャンル小説の勃興から、開化期の日本への…

「美の追求」の果てにあるもの ドナルド・キーン『足利義政―日本美の発見』

足利義政―日本美の発見 作者: ドナルドキーン,Donald Keene,角地幸男 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2003/01 メディア: 単行本 クリック: 7回 この商品を含むブログ (4件) を見る 日本文学の研究で高名な米国人の著者が、日本の美のあり方をひとり…

現実的な理想主義 塚田富治『政治家の誕生―近代イギリスをつくった人々』

政治家の誕生―近代イギリスをつくった人々 (講談社現代新書) 作者: 塚田富治 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1994/06 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 職業としての、そして権力者としての「政治家」が 、その権力を乱用せずに社会に従…

語られてることは面白そうだったんだけど ジョイス・M・エリス『長い18世紀のイギリス都市』

長い18世紀のイギリス都市―1680‐1840 (りぶらりあ選書) 作者: ジョイス・M.エリス,Joyce M. Ellis,松塚俊三,小西恵美,三時眞貴子 出版社/メーカー: 法政大学出版局 発売日: 2008/06 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (1件) を…

ベル・エポックの欧州を鮮やかに切りとった写真たち 海野弘ほか『レンズが撮らえたヨーロッパ』

レンズが撮らえた19世紀ヨーロッパ―貴重写真に見る激動と創造の時代 作者: 海野弘 出版社/メーカー: 山川出版社 発売日: 2010/12 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (3件) を見る 都市文化論や世紀末芸術論などで著作の多い海野弘はじめ…

独仏両国の狭間でアイデンティティを培ってきた都市 内田日出美『物語ストラスブールの歴史』

物語 ストラスブールの歴史 - 国家の辺境、ヨーロッパの中核 (中公新書) 作者: 内田日出海 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2009/10/26 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 11回 この商品を含むブログ (10件) を見る フランス北東部、ドイツとの国境…

学術的マニア度とミーハー的マニア度のバランス 河原温『ブリュージュ フランドルの輝ける宝石』

ブリュージュ―フランドルの輝ける宝石 (中公新書) 作者: 河原温 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2006/05 メディア: 新書 クリック: 23回 この商品を含むブログ (17件) を見る 著者は東大出身の西洋史学者で、中世ヨーロッパの都市文化史が専門。その…

天才的政治家の生涯を通し、現代を顧みる ジョナサン・スタインバーグ『ビスマルク 上・下』

ビスマルク(上) 作者: ジョナサンスタインバーグ,小原淳 出版社/メーカー: 白水社 発売日: 2013/08/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る ビスマルク(下) 作者: ジョナサンスタインバーグ,小原淳 出版社/メーカー: 白水社 発売日: 2013/08…

それでも価値を失わぬ音楽 中川右介『カラヤン帝国興亡史』

カラヤン帝国興亡史―史上最高の指揮者の栄光と挫折 (幻冬舎新書) 作者: 中川右介 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2008/03 メディア: 新書 クリック: 2回 この商品を含むブログ (14件) を見る タイトルから想起される通り、ゴシップ的な興味を喚起する「ギ…

中世の日本人は強かだった 橋本雄『偽りの外交使節』

偽りの外交使節―室町時代の日朝関係 (歴史文化ライブラリー) 作者: 橋本雄 出版社/メーカー: 吉川弘文館 発売日: 2012/08 メディア: 単行本 クリック: 8回 この商品を含むブログ (4件) を見る 本文冒頭から抜粋。 「見ず知らずの他人がとつぜん訪ねてきて、…

「権力」なるももの得体の知れなさゆえの難解さか 本郷恵子『将軍権力の発見』

選書日本中世史 3 将軍権力の発見 (講談社選書メチエ) 作者: 本郷恵子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2010/09/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 5回 この商品を含むブログ (7件) を見る 中世日本における二つの長期政権・鎌倉幕府と室町幕…

中世日本経済史の分かりやすい分析 本郷恵子『蕩尽する中世』

蕩尽する中世 (新潮選書) 作者: 本郷恵子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2012/01 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (4件) を見る 院政期から室町中期までの400年間の政治・経済システムについて省察した内容。込み入った時代背景のせ…

過不足なくまとまった悠久の都の概略史 脇田晴子『物語 京都の歴史』

物語 京都の歴史―花の都の二千年 (中公新書) 作者: 脇田修,脇田晴子 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2008/01 メディア: 新書 クリック: 2回 この商品を含むブログ (19件) を見る 平安京遷都以前から戦後までの京都の歴史を概略。「物語」というほど…

中華思想と西洋近代システムのはざまで 『中東イスラーム民族史』

中東イスラーム民族史―競合するアラブ、イラン、トルコ (中公新書) 作者: 宮田律 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2006/08 メディア: 新書 クリック: 13回 この商品を含むブログ (32件) を見る ムハンマドとその後継者たちによって中東世界に確立され…

羊頭狗肉な邦題は、描かれるテーマへの皮肉……なのか? マシュー・グッドマン『トップ記事は、月に人類発見! 十九世紀、アメリカ新聞戦争』

トップ記事は、月に人類発見!―十九世紀、アメリカ新聞戦争 作者: マシューグッドマン,Matthew Goodman,杉田七重 出版社/メーカー: 柏書房 発売日: 2014/03 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 新聞黎明期のアメリカ社会の未成熟さと、その…

新鮮な切り口から見た「室町時代」 早島大佑『室町幕府論』

室町幕府論 (講談社選書メチエ) 作者: 早島大祐 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2010/12/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 2人 クリック: 7回 この商品を含むブログ (3件) を見る 室町幕府というと、足利義満という強烈で特異なカリスマの存在が…

日本の文学史そのものの一族 冷泉為人『京都冷泉家の八百年』

京都冷泉家の八百年 ~和歌の心を伝える 作者: 冷泉為人 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2005/07/20 メディア: 単行本 クリック: 4回 この商品を含むブログ (4件) を見る 鎌倉時代から25代720年(源流の御子左家までさかのぼると1000年)にわたって「和歌…

最初の方は面白かったのに ジャスティン・ポラード『アレクサンドリアの興亡』

アレクサンドリアの興亡 作者: ジャスティンポラード,ハワードリード,藤井留美 出版社/メーカー: 主婦の友社 発売日: 2008/12/20 メディア: 単行本 クリック: 5回 この商品を含むブログ (6件) を見る 古代地中海世界において、権力や武力ではなく知識を収集…

現代にもその命脈を保っている、世界最古の神話 岡田明子、小林登志子『シュメル神話―粘土板に刻まれた最古のロマン』

シュメル神話の世界―粘土板に刻まれた最古のロマン (中公新書) 作者: 岡田明子,小林登志子 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2008/12 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 25回 この商品を含むブログ (13件) を見る 5000年前、ティグリス、ユーフラテ…

多くの「天才」と戦い続けてきた一流棋士の述懐 二上達也『棋士』

棋士 作者: 二上達也 出版社/メーカー: 晶文社 発売日: 2004/05/29 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 5回 この商品を含むブログ (10件) を見る 羽生善治三冠の師匠で将棋連盟会長も務めたプロ棋士二上達也九段が、日経新聞に連載した「私の履歴書」に加…

帝国が帝国であるための戦い ローズマリー・シェルドン『ローマとパルティア:二大帝国の激突三百年史』

ローマとパルティア: 二大帝国の激突三百年史 作者: ローズマリーシェルドン,三津間康幸 出版社/メーカー: 白水社 発売日: 2013/12/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る アメリカが二度に渡るイラン戦争で犯した失敗は、かつてローマがパ…

中期~末期の清朝に新しい見方を提示 吉澤誠一郎『清朝と近代世界』

清朝と近代世界――19世紀〈シリーズ 中国近現代史 1〉 (岩波新書) 作者: 吉澤誠一郎 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2010/06/19 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 31回 この商品を含むブログ (28件) を見る 康熙帝死後から日清戦争までの中国史につい…

誠に真摯な著述態度に敬服 小宮正安『モーツァルトを「造った」男 ケッヘルと同時代のウィーン』

モーツァルトを「造った」男─ケッヘルと同時代のウィーン (講談社現代新書) 作者: 小宮正安 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2011/03/18 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 17回 この商品を含むブログ (7件) を見る モーツァルトの作品目録を作成したケッ…

緻密な論証で「発見」に至る知的冒険 武井弘一『鉄砲を手放さなかった百姓たち』

鉄砲を手放さなかった百姓たち 刀狩りから幕末まで(朝日選書) 作者: 武井弘一 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2010/06/10 メディア: 単行本 クリック: 21回 この商品を含むブログ (5件) を見る 秀吉による刀狩り令以降も、農民は依然として鉄砲を所…

自信満々な男の半生記 升田幸三『名人に香車を引いた男』

名人に香車を引いた男―升田幸三自伝 (中公文庫) 作者: 升田幸三 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2003/08 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 32回 この商品を含むブログ (30件) を見る 将棋の実力制第4代名人・升田幸三が自ら語る半世紀。タイトル…

いささか散漫だけど、読みやすくて勉強になる 小谷野 敦『名前とは何か なぜ羽柴筑前守は筑前と関係がないのか』

名前とは何か なぜ羽柴筑前守は筑前と関係がないのか 作者: 小谷野敦 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2011/03/25 メディア: 単行本 クリック: 54回 この商品を含むブログ (10件) を見る 日本語文化圏における「名前」がテーマ。武家官位や氏・姓・苗字、女…

タイトルとはややかけ離れた内容 マシュー・バトルズ『図書館の興亡』

図書館の興亡―古代アレクサンドリアから現代まで 作者: マシューバトルズ,Matthew Battles,白須英子 出版社/メーカー: 草思社 発売日: 2004/10 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (24件) を見る タイトルを額面通りに受け取っ…

タイトルが言い得て妙。これぞ名著。 鹿島茂『怪帝ナポレオン3世』

怪帝ナポレオン3世 作者: 鹿島茂 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2004/11/30 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 19回 この商品を含むブログ (20件) を見る 欧州歴代君主の中でも屈指のボンクラ、くらいのイメージだったその人物像を、一変させてくれた…

蜜月関係になるのは、お互いがそう望んだから 康 熙奉 『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』

徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか 作者: 康熙奉 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2014/01/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 近世以降において日本列島の政権と朝鮮半島の政権が最も友好的だった260年間、す…

注意して読めば得るものも多し バーナード・ルイス『イスラム世界はなぜ没落したか?』

イスラム世界はなぜ没落したか?―西洋近代と中東 作者: バーナード・ルイス,臼杵陽,今松泰,福田義昭 出版社/メーカー: 日本評論社 発売日: 2003/07 メディア: 単行本 クリック: 11回 この商品を含むブログ (3件) を見る 監訳者が冒頭で「この本はネオコンのプ…

ブランドとしての「城下町」 岩中祥史『城下町の人間学』

「城下町」の人間学 作者: 岩中祥史 出版社/メーカー: 潮出版社 発売日: 2013/12/05 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 地域ネタとして面白そうな本だなと思って手に取ったけど、なかなかに読ませてくれる内容。俎上に載せられた…

近代日本の都市形成の、大きな要因 松下孝昭『軍隊を誘致せよ:陸海軍と都市形成』

軍隊を誘致せよ: 陸海軍と都市形成 (歴史文化ライブラリー) 作者: 松下孝昭 出版社/メーカー: 吉川弘文館 発売日: 2013/11/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る これは面白い! タイトルのせいで忌避されないことを願う好著。 日清・日露…

人類史上最初の「超巨大都市」の、生の息吹 『写真で見る ヴィクトリア朝ロンドンの都市と生活』

写真で見る ヴィクトリア朝ロンドンの都市と生活 作者: アレックス・ワーナー,トニー・ウィリアムズ,ロンドン博物館,松尾恭子 出版社/メーカー: 原書房 発売日: 2013/12/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 1839年~1901年の間に撮影された「ロ…

不機嫌なのは誰か トッド・プリュザン『モーティマー夫人の不機嫌な世界地誌』

モーティマー夫人の不機嫌な世界地誌-可笑しな可笑しな万国ガイド 作者: トッド・プリュザン,三辺律子 出版社/メーカー: バジリコ 発売日: 2007/07/04 メディア: ハードカバー クリック: 1回 この商品を含むブログ (6件) を見る ファヴェル・リー・モーティ…

偉大なる「馬」に感謝を 本村凌二『馬の世界史』

馬の世界史 (中公文庫) 作者: 本村凌二 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2013/11/22 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 特定の切り口から政治・軍事史、文化・技術史の総体を読み解こうとする本は、見地が新鮮である半面、読者もよほ…

金はこの世の回りもの アルベルト・アンジェラ『古代ローマ15000キロの旅』

古代ローマ1万5000キロの旅 作者: アルベルト・アンジェラ,関口英子,佐瀬奈緒美 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2013/02/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 設定としては前作の次の日を起点として、ローマ最盛期、トラヤヌス帝…

一日にしては成らぬ町での日常 アルベルト・アンジェラ『古代ローマ人の24時間』

古代ローマ人の24時間 ---よみがえる帝都ローマの民衆生活 (河出文庫) 作者: アルベルト・アンジェラ,関口英子 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2012/04/05 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (6件) を見る 紀元115年、ト…

「皇帝」であることの自覚と誇りと責任 江村 洋『カール五世:ハプスブルク栄光の日々』

カール五世: ハプスブルク栄光の日々 (河出文庫) 作者: 江村洋 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2013/11/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る いやはや、これこそ「名著」というべき本でしょう。「中世最後の皇帝」と称されたカール五世の…